quitcompany's blog

インデックス投資と投資教育

日銀は株式会社?

東証8301とは、どんな会社の株式を指すかご存知ですか? なんとあの日本銀行です。ちょっと驚きますよね。

f:id:quitcompany:20221103173424j:image

株式上場していると言う事は、株式会社に該当しますね。あれっと、思ったあなたは鋭いですね~。

 

株式会社ならば、過半数の株式を買い占める事が出来たら日銀総裁(社長)になれます。日銀総裁になれば、日本銀行券をどんどん印刷すれば超富裕層の仲間入りです。借金してでも、日銀の株式を買う価値あると思いませんか?

 

今まで、そんな日銀株式の買い占めなんて聞いた事ないですよね?

 

そうなんです~。残念ながら、日銀株式は過半数を買い占める事ができない仕組みが幾つもあるんです。

  • 政府が55%株式保有
  • 株主に議決権が無い

日本銀行は、特別の法律(日本銀行法)により設立され、設立に関し行政庁の認可が必要な「認可法人」と位置付けられています。日本銀行は株式会社ではなく、また株主総会もありません。

なお、日本銀行では、出資証券を発行しています(日本銀行法第9条)。

日本銀行ホームページより

では、出資者の権利は何でしょうか?

日本銀行の出資者の権利は、会社法の株式会社における株主の権利と、以下の点で異なっています。

(1)日本銀行には、株主総会に相当する出資者総会は存在せず、出資者に議決権の行使が認められていません。
(2)出資者に対する配当率の決定には財務大臣の認可が必要なほか、配当率は年100分の5を超えることはできません(日本銀行法第53条第4項)。
(3)日本銀行が解散した場合の残余財産の分配について、分配額の上限が、払込金額および特別準備金の合計額までに制限されています(日本銀行法第60条第2項、同附則第22条第2項)。

日本銀行ホームページより

え〜ですね。出資して欲しいが、

  • 議決権は無い
  • 配当上限5%

とは、なんか都合がいいですね。まぁ、心無い人に株式買い占められたら、大変な事になるよりマシですね。

 

ご参考までに、本日2022年11月3日の日銀株価は25000円です。

 

お約束ですが、投資は自己責任でお願い致します。

 

 

日銀による量的緩和政策

量的緩和政策により金利を下げる」ってニュースでよく耳にしますね。何となく、そうなんだぁで終わってませんか?

 

日銀が、金利をどうやって下げているのかをお話したいと思います。f:id:quitcompany:20221103111639j:image

架空のお話をしますね。ある会社の倉庫には、大量の商品が眠っています。その商品は、特殊な商品のため一般には売れない商品です。その商品は、親会社の商品で1年間預かると微々たる金額ですが手数料を頂けます。親会社と言えども、別会社なので商品を一旦購入する手続きを取ります。f:id:quitcompany:20221103111730j:image

1箱100円で100箱を仕入れるとすると、1万円を一旦親会社に支払います。1年後、親会社は1箱10円の手数料を上乗せして、買い取りをしてくれます。1年後に1万1000円にはなりますが、倉庫代もあるため儲けはありません。本当は、引き受けたくない仕事なのですが親会社には逆らえません。手間だけかかる面倒な仕事です。

 

そんなある日のこと、倉庫を埋め尽くしている商品を親会社と同じ価格で購入したい会社Aが現れました。親会社に売るためには、1年間待つ必要があります。一方、購入したい会社Aは即日現金払いをすると言っています。

 

倉庫代を支払う必要が無く、現金が手にはいるため親会社ではなく会社Aに売却することにしました。親会社に事情を説明すると、なぜか気にするなと言います。親会社と会社Aは、親しい関係にあるのかもしれません。予定外の現金を手に入れましたので、このお金を使って、商売を始めたいと思います。架空のお話はここまでとしますね。

 

さて、「量的緩和政策により金利を下げる」の話に戻ります。3つの会社は

  • あなたの会社→銀行
  • 親会社→日本国
  • 会社A→日銀

に該当します。親会社から押し付けられた商品とは、国債のことです。f:id:quitcompany:20221103111756j:image

ちょっと整理しますね。日本国は、国の運転資金として国債を発行します。その国債を銀行が購入します。その銀行が持つ国債を、好条件で日銀が購入します。そうすることにより、銀行にお金を常備させる事ができます。銀行は、お金を保管するだけでは商売にはなりませんので、企業や個人に貸出しをするしかありません。日本には、たくさんの銀行がありそれぞれの銀行には、お金があふれています。そうなると、銀行間の競争が働き、より安い金利で貸し出そうとします。

 

長くなりましたが、これが日銀による「量的緩和政策により金利を下げる」日銀オペレーションの概要です。

 

お約束ですが、投資は自己責任でお願い致します。

平均株価って何?

私たちは、平均値という言葉を聞くとある集合体の中央付近を想像します。f:id:quitcompany:20221016191950j:image

図の場合、左右対称データであるため、中央が平均値です。このデータは、理想的なデータを表しています。データ値の傾向を把握する統計値として有名なのが、平均値ですがもう一つ中央値という統計値があります。中央値とは、集合体のちょうど真ん中を指します。図の場合、平均値と中央値が等しいことが分かりますね。

 

現実世界の統計データは、理想的な分布にはなり難いものです。f:id:quitcompany:20221016193506j:image

 

平均値は、データの傾向を大まかに把握できる便利な統計値ですが、大きな値に影響を受け傾向があります。

例えば、

  • 50円
  • 100円

の平均値は、75円ですね。ここに、新たなデータとして1000円を追加します。

  • 50円
  • 100円
  • 1000円

この場合の平均値は、約400円になります。たった1つの大きな値が加わるだけで、平均値が右に動くことが分かりますね。

 

投資の世界でも、平均値をよく使います。有名なのは、日経平均株価ですね。世界に目を向けると、ダウ平均株価などが有名です。

 

冒頭で説明したように、平均値は大きな値に影響を受ける傾向があります。日経平均株価でいうと、高株価企業の値動きが平均値に大きな影響を与えています。

 

日経平均株価に連動する投資信託に投資している人もいらっしゃるかと思います。日経平均株価に投資していると聞くと、日本の企業に等しく同額を投資しているような感覚があります。実際には、日経平均株価に連動する金融商品に投資するとは、株価に応じた配分で広く日本企業に投資することを意味します。

 

お約束ですが、投資は自己責任でお願い致します。

株と債券って何?

投資と聞くと、真っ先に思いつくのが

だと思います。改めて、株と債券の違いとは何か?と聞かれると考えてしまいますね?

結論:

  • 株式とは、会社の所有権のこと
  • 債券とは、借用書のこと


f:id:quitcompany:20221015150732j:image

株式と債券は、広く運転資金を募る方法です。債券には、会社が発行する社債や国が発行する国債などがあります。国が発行しますので、日本以外にもアメリカが発行する国債も存在します。

 

株式とは

会社の所有権を分割したクーポンのようなものです。株式投資とは、会社を買うと同義であり、経営者よりも上位に位置します。経営者は会社の大方針を決める場合、株主つまりオーナーにお伺いを立てます。この会合を、株主総会といいます。株主総会では、経営者からの提案に対し、株主がYESまたはNOの判断を下します。株主判断で経営者を交代させることも可能です。それほど、株式所有者は強い権限をもちます。

 

一方、債券とは

お金を一定期間借りる際に発行する借用書のことです。債券は、満期になると貸したお金と金利が返金されます。

 

株式投資では、満期も金利もありません。会社ですので、大きく業績を伸ばす場合もありますが、逆に業績が落ちる場合もあります。業績が良いと

  • 株価上昇
  • 配当

が望めます。業績が良くないと、株価下落の可能性もあります。また、配当も無くなるかもしれません。

 

債券投資では、満期が来れば業績に関わらず、元金と金利が返金されます。将来が予測しやすい反面、会社の業績が伸びても、返金額は変わりません。債券発行元が倒産した場合、元金が返金されない場合もあります。一般に、倒産リスクが高い団体ほど金利が高く設定してあります。

 

よく比べられる株と債券ですが、仕組みは大きく違います。

  • 大きな可能性の株式
  • 確実性の債券

よく考えてから、投資をしましょう。

 

お約束ですが、投資は自己責任でお願い致します。

 

 

4%ルール

トリニティスタディという言葉を知っていますか?

トリニティ大学の3人(Philip L. Cooley, Carl M. Hubbard and Daniel T. Walz)の金融学教授による1998年の有力な論文の愛称であり、通称4%ルールとも呼ばれています。

https://www.aaii.com/files/pdf/6794_retirement-savings-choosing-a-withdrawal-rate-that-is-sustainable.pdf

Retirement Savings: Choosing a Withdrawal Rate That Is Sustainable

(Philip L. Cooley, Carl M. Hubbard and Daniel T. Walz)

 

トリニティスタディの概要は、

  • 米国1926年〜1995年における
  • 株式と債券を対象に
  • 元本最適取り崩しルール

を導き出した論文です。

 

結論:退職金の最適取り崩し率は4%だった

 

例えば、退職金が100万円だとします。

退職時の4%つまり4万円を毎年取り崩すのが最適であったという結論に至りました。

 

4%ルール適用時の前提は、下記です。

  • 株式はS&P500指数
  • 債券は米国高格付け社債

 

4%で資産を取り崩しても、高確率で30年後に資産が枯渇しないことが分かっています。また、100%株式よりも、債券を組み合わせた場合の方が資産が残っている確率が高いことも興味深い点です。

資産が残っている確率
Retirement Savings: Choosing a Withdrawal Rate That Is Sustainable
(Philip L. Cooley, Carl M. Hubbard and Daniel T. Walz)を翻訳

お約束ですが、投資は自己責任でお願い致します。

 

 

預金はリスク ゼロ?

資産運用や金融教育など、耳慣れない言葉を聞く機会が増えた人もいるのではないでしょうか?

 

資産運用と聞くと

  • リスクがある
  • ギャンブル
  • お金持ちの道楽

などのイメージをお持ちでしょうか?

 

ここでいう、リスクとはどういう意味でしょうか? 資産が何倍にもなる反面、ゼロになるようなイメージでしょうか?

 

資産運用で用いるリスクとは、思い通りにならない尺度を指します。株式投資と預金では、株式の方がリスクが高いとされます。一年後の株価は、10%上昇している可能性もありますが、10%下落している可能性もあります。値動きの幅が大きい時、リスクが高いと表現します。

 

一方、預金は利子がほぼゼロなので、一年後も同じ金額であることが分かります。この場合、株式に対して預金はリスクが低いと表現します。

 

さて、預金はリスクが低いため安全のような気がしますね。預金は、リスクが低いですがリスクはゼロではありません。例えば、円安になると輸入品の価格が上昇しますので、同じ金額でも購入できる品物が減ります。また、物価は少しずつ上昇しますね。この場合も、同じ金額で購入できる品物が減ります。

 

株式にはリスクがありますが、預金はリスクゼロでは無いことも知っておく必要がありますね。

 

お約束ですが、投資は自己責任でお願い致します。

 

職業の分類わけ

私たちの職業は、4つに分類されると言われています。

  • 従業員
  • 自営業者
  • ビジネス・オーナー
  • 投資家

の4つです。左側の従業員と自営業者だけで、全体の9割を占めると言われています。右側のビジネス・オーナーと投資家で残りの1割を占めます。この記事を読んで頂いている皆さんもそして私も、左側に属するのではないでしょうか?

出典:ロバート・キヨサキ著「金持ち父さん 貧乏父さん」

 

所有する富は、右側のビジネス・オーナーと投資家が9割を所有していると言われています。貧富の格差は、所属する職業に依存すると言っても過言ではありません。

 

1つ1つの職業について、考察してみたいと思います。

従業員

多くの人が属する従業員ですが、改めて特徴と聞かれると困りますね。辞書に載せる気持ちで分析してみたいと思います。

  1. 決定権を個人または会社に委ねた職業
  2. 時間と給料を交換する職業
  3. 収入に上限がある職業
  4. 他の誰かに代替することが可能な職業

書いている私自身も気持ちが滅入ります。残念ながら、核心をついていると思います。

 

自営業者

次に多いと言われている自営業者はどうでしょうか?

  1. 時間と給料を交換する職業
  2. 働かないと収入はゼロになる職業
  3. 自分で自分を養う職業
  4. 収入に上限がある職業

労働者との違いは、決定権が自分にあることです。自営業者は、自分で自分を雇用しているため、病気等で働けない状態になると収入はゼロになります。また、労働して収入を得るため、収入には上限があります。

 

では、右側について考察してみましょう。

ビジネス・オーナー

  1. ビジネスの仕組で収入を得る職業
  2. 労働者を雇い収益最大化を狙う職業
  3. 労働時間と収入はほぼ関係ない職業
  4. 収入には上限がない職業

経営者は、自分自身で労働することはありません。仮に経営者が病気等で働けなくなった場合でも労働者が働くため、収入がゼロになることはありません。

 

最後に、投資家について考察してみます。

投資家

  1. ビジネスに出資する職業
  2. ビジネスの収益から配当を得る職業
  3. 労働時間と収入は関係ない職業
  4. 収入には上限がない職業

 

左側の労働者・自営業者は、収入源は自分の時間を提供することで収入を得ています。一方、右側のビジネス・オーナーと投資家は、ビジネス権利から収入を得ています。極端に言えば、右側の職業の場合は自分自身が不在でも収入は途切れません。また、左側の職業は労働による収入のため、収入には上限があります。一方、右側の職業は権利収入のため、収入には上限がありません。

 

右側のビジネス・オーナーと投資家が9割を所有していると言われています。では、左側の労働者や自営業者は、なぜ1割の富しか無いのでしょうか?

 

労働者や自営業者の収入は、だれが決めているのでしょうか? そうです、右側の職業の人が決めています。必要以上に労働者に、収益分配するでしょうか? 必要最低限の賃金で収益は最大化を目指すのは、容易に想像が出来ると思います。

 

私たちが左側の職業に留まる限り、資産を築くことは難しいことを認識する必要があります。私たちも右側に移動する努力が必要です。

 

お約束ですが、投資は自己責任でお願い致します。